キャッシングとは

財布に差し込むだけで、簡単に
スキミングを防いでくれる!
スキミングブロッカー

キャッシングとは,一般的には,金融機関が個人に対して行う,現金自動支払機(ATM)による小口金融を指します。
最も一般的なキャッシングは、限度額は10万円〜100万円前後に設定され,ATMや店頭で短時間の審査でキャッシングをすることが可能です。
保証人や不動産などの担保を要求されることはほとんどない代わりに,適用される金利は15〜29%前後と高めに設定されています。ただし,100万円を超える高額のキャッシング(ローン)の場合には,適用される金利が10〜20%と多少低めに設定されていることもあります。
なお,個人を対象にしたキャッシング(ローン)の中には,特に女性や学生を対象にしたものも存在しますが,限度額や金利は通常のキャッシングとほとんど変わりません。

キャッシングの取立て

以前は,高金利・過剰な貸付・過酷な取立が貸金業者の三種の神器と言われ,多重債務者に対して非常に過酷な取立が行われていました。しかし,過酷な取立行為に起因した多重債務者の自殺が相次ぎ,貸金業規制法が大幅に見直されることになり,現在では以前のような過酷な取立は法律上禁止されています。
しかし、貸金業者の従業員には非常に厳しいノルマが課されており,法律は遵守しているものの,現在でも多重債務者に対する過酷な取立が行われていることが報道されています。

キャッシングの金利

出資法は刑事罰の対象となる金利の上限を定めています。出資法では上限金利が29.2%とされており,29.2%を超えた金利を設定している場合には,刑事罰が科せられます。しかし、現在では利息制限法と出資法の上限金利は一致しておらず,民事上は無効であっても,刑事罰は科せられないという「灰色の金利(グレーゾーン金利)」が存在しています。そして,貸金業者の多くはこのグレーゾーン金利を設定して,違法に金利を取っています。
ただし,2006年12月の臨時国会で,2009年12月末を目途に出資法の上限金利が20%まで引き下げられ,このグレーゾーン金利が撤廃されることが決定されました。そのため,現在では利息制限法の上限金利を超えた金利が設定されていますが,2009年12月には金利が20%以下まで引き下げられることになります。

スポンサードリンク

いざという時に便利なキャッシング

キャッシングの金利は高いものが多いですが、いざという時に出費には大変役立ってくれます。
キャッシングするときは、自分の支払能力を考慮し、また返済期間、1回の返済額など十分考えた上で決めてください。