小顔に見せる髪型・小顔になれる髪型



パーマで小顔になる続きその1

 

ミディアム、またはセミロングの方は、ゆるゆるパーマをかけたら、前髪は下ろしても、横へ流してもオッケーでしょう。長さは、ちょうど目にかからない程度で、サイドは目尻でカットします。この髪型にすることで顔の面積が最小になり、小顔効果を狙えます。もし、カラーを入れるなら、シアーショコラベージュ等が、透明感が出るのでおすすめです。

 

 

自分でコテを使って巻いて小顔効果の髪型にセットできればパーマの必要もありませんが、巻くのが上手でない方は、やはり、ゆるめにパーマをかけておくと便利でしょう。前髪を流したい方は、前髪にもパーマをかけておくと、セットが楽になります。横へ流すときに、少し長めに切ると思いますが、セットが緩むと目にかかってしまうので、前髪にポイントパーマをかけておくとスタイリングが簡単になります。

 

 

また、顔周りや毛先をふんわりとカールをかけ、ひし形シルエットを作ると、小顔効果が生まれます。ゆるゆるのフェミニンスタイルですが、ひし形シルエットになるようにすると、髪質関係なく、小顔に見えます。これは、年齢関係なく、小顔に見えるパーマなので、顔の大きさにコンプレックスを持っている方は試してほしいパーマです。

 

 

パーマで小顔に見せるポイントは、顔周りの髪ですから、それに動きを出すことで、小顔効果を狙います。アイロンでカールするだけでも簡単に自分でできますので、トライしてみましょう。方法は、とても簡単で、巻いて、崩して、セットするだけです。